忍者ブログ
アニメ脚本家・上江洲誠(うえずまこと)雑記、告知、そして物の哀れ――。
[42]  [41]  [40]  [39]  [38]  [37]  [36]  [35]  [34]  [33]  [32
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 年末ですね。皆さんはそろそろ仕事収めでしょうか?
 ……僕はまだです。

■今さっき、ながらでラジオスクイズを聞いていました。
 延長決定おめでとうございます。
 年内終了と伺っており、残念に思っていましたので、これは嬉しい大逆転ですね。
 まだ商売の目があると大人判断された(←ヤラシイ)ことが喜ばしく、僕が勝手に感じている重圧がわずかに軽くなりました。良かった。
 毎週、自由過ぎる内容で面白いです。スクイズ2が決まるようなことがあったら、この人たちに脚本会議に入っていただきたいです。
http://lantis-net.com/schooldays/index.html

■そう言えば、こちらで瀬戸トークイベントに触れていませんでした。
 講談社[モウラ]さんに取材記事が載っています。
http://web2movie.moura.jp/?p=74

IMG_1129_640.JPG 以下、記憶の範囲でトークの補足。

・岸監督と上江洲は本作で初対面。どちらも悪目立ちするタイプなので、警戒し合っていた……かも!?
・シャーク藤代の待ち受け画面。両刀の上江洲が「永澄くんにしようぜ!」と吹かしたら、監督が本当に採用した。永澄が追いかけられているのは監督の判断。的確だ。
・最終回での政の台詞「男の啖呵、確かに聞きやしたぜ!」は元々の台詞「さっきの啖呵~」を村瀬さんが変更した物。尺の都合で脚本からカットになってしまった「ここは満潮永澄の花道だ! 邪魔する奴は俺が許さねえ!」という台詞のニュアンスを汲んでくれた。嬉しい。
・同時にスクイズ、瀬戸の最終回脚本を書いた。両極端で大変だったが、逆に心のバランスが取れた。
・限定販売された瀬戸ソーセージはかなりデカイ、そして美味い。三日かけて酒のアテにした。
IMG_1135_320.JPG・設営時、やたら動きにキレがあるちょびー(中央)。

IMG_1141_320.JPG・スクイズにやたら詳しい政さん。

 多分、これが今年最後の更新になるかな?
 来年も面白いアニメを作っていきます。
 それでは皆さん、よいお年を。

PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
上江洲 誠(うえずまこと)
職業:
アニメ脚本家
HP:
自己紹介:
2002年デビュー。
エターナル中坊。
twitter ID:uezux
バーコード
カウンター
忍者ブログ [PR]