忍者ブログ
アニメ脚本家・上江洲誠(うえずまこと)雑記、告知、そして物の哀れ――。
[1]  [2]  [3]  [4
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 気を緩めるとすぐに根暗な地がが出てしまうので、意識して社交的に振る舞っている僕です。
 人に会う時も、この人はきっといい人に違いないと思って接するように努めていますが、そもそもそう思わないと人と会えない現状と自分の性格に苦悶。0てん。

 最近は機嫌のコントロールが上手く出来ず、いたずらに暴言が増えてしまっています。面食らった方も多いと思います。反省。0てん。

 不本意な事が起きても、全部自分が悪いと思っていれば無用な争いは避けられると、何年もそれで過ごしてきましたが、さすがにもう一人では背負いきれないか? かといって人に頼むのもストレスなのだ。0てん。

 モンハンは大変面白く、丑三つ時に4人で遊ぶ時など脳汁が出まくるが、社会人にとって功罪相半ば。0てん。
PR
■ヤンジャンで始まった新しいローゼンメイデンに感心する。
 ネジを巻かず鬱屈した大学生になっていたジュンが、ベツルートに分岐した自分(旧連載側のジュン)からSOSを受ける話。おお、世界系! ちょっと懐かしいノリ。
 新連載漫画としても面白く、古参のファン(俺含む)にとっても興味深い導入。早く次回が読みたい!
 劇場版ドラえもん(主に~魔界大冒険、~大魔境)のような、目の覚める面白さ!

■モンハンP2Gに感心する。
 結局、素材集めを繰り返すゲームなんだけど、どうしてもカバンに常備しておきたくなるのは、コミュニケーションツールとして優秀だからなのだなあと感心する。
 今、どこに打ち合わせに行っても流行っているので、変に愉快。結構難しいゲームなのだが、ゲームに不慣れな人たちも楽しんでいる様が嬉しい。
 いい歳した大人までもが、童心に返って騒げるとても楽しいゲームです。
 劇場版ドラえもん(主に~恐竜)のような、友情と大冒険な面白さ!

■春番に感心する。
 春は大作アニメが揃うので楽しい。
 これだけの数があって、一本も書いていない自分にある意味感心する。その辺を焦らない自分は病気なのだと思う。
gai_800.jpg 大変だ!
http://www.mostwanted.com.hk/history/history_cms.php?selectCat=8
 香港の玩具メーカーからグレート合体するガイキングの玩具が発売されているらしい!(玩具者としては情報が遅い)
 全長45センチ! デカい!
 そしてこれは……
 日本での発売は無い!(今の所)
(情報求む)

 一昨年放送されていた『ガイキング  LEGEND OF DAIKUMARYU』というロボットアニメは、大傑作なのだが、今に至って尚、どうにも不遇な扱いを受け続けているように思えてならない。
 土曜朝10時50分(2クールめからは日曜朝6時30分)と、まるでこちらのアニメ愛が試されているかのような厳しい時間のOAだったこともあって、その凄さが浸透し難かったのだと思う。
 パワーアップ合戦に終始せず、智略を尽くして逆転するバトルに毎週胸が躍る。物語もパターンに陥らず、次々と大きな新展開が起きるので飽きない。本当に感心したものだ。この感動は墓にまで持っていきたい。
 ああそんな平成ガイキング。こんなにも愛して病まないのに、日本では最終形態の玩具が揃わない! 悔しい!
(CM`sのフィギュアは、かなり理想だったのだけれど、どうしても鋳造表現が受け付けなくて……。ごめん……)

 さて、このグレート合体するガイキングを入手するために、僕は香港へ飛ばなくてはならなくなったわけだが……勿論無理だ。大分先まで仕事で埋まっているんだぜ!? 各社のプロデューサー様が追っ掛けて来て、こち亀の両さんがボーナスをもらった時の回のような展開になることが予想されるんだぜ!?
 そもそもこの巨大なパッケージ。飛行機で持って帰って来られるのか?
 ……これはいよいよ、香港に事務所を作る日が来たか? うおっカッコイイ! カブキ町ツレテテ ヤクモ!

 ――と、ちょっと薬(頭痛・腹痛・モカ)が効いてきてハイになっていたので、メモ書きのつもりが長文になってしまいました。失礼。おおガイキング(サイキックラバー)。
 なんか、昔懐かしのHPの文章みたいだ……。

PIC_0107_640.JPG
 ←ちなみに。以前、香港にて。星光大通の朝。
 休暇を作れたらまた行きたいものである。




 前回の追記になります――。

 発売後、商品サンプルをもらって、始めて完成品を聞いたのですが、この特典CD凄いな……。
 フルプライズで発売出来るボリューム、熱量、だと思います。
 自分で書いといて驚くなって話ですが、やはり本作の音響スタッフは天才であると言いたい。音でギャグの情報量を増やしていくのは本当に大変だと思います。
 とにかく脚本の上がりが遅くて(俺)、笑えないぐらい遅くて(俺)、大変な状況だったのですが、極上の出来にしてしまう音響スタッフたちの職人技に惜しみない拍手! 感動!
 なぜに役者コメンターにまで効果が入っていますか!?

 どこかに書いておこうと思って、すっかり忘れていたこと――。
 このドラマCDに収録されている「野獣教師」は、時系列上16.5話を、「恋空」は21.5話を想定して書きました。
 アニメ本編で少なかった学園での日常会話を沢山書くことを意図しました。アホな内容ですが、ちゃんと企画意図があるんですよ。

 あと――。
 パッケージ裏に「ミニドラマCD」と表記されていますが……56分(役者コメント含む)もあってどこが「ミニ」じゃーい! シクヨロ!
 生まれて初めて買ったゲームソフトはX1の『ザナドゥ』そんな俺です。
 日本ファルコムに育てられたと言って過言ではないほどにファンの俺ですが、今度PSPで発売されるファンタジーSLG『ヴァンテージマスターポータブル』の雑誌広告に、でっかく……
 頭を鍛える脳ゲー
 ……と書かれていたことがショックだった。そういう時代なのか……。
http://www.falcom.co.jp/vantage/
http://www.famitsu.com/game/coming/1213266_1407.html
071212hanako.jpg ぎゃっ! オカッパクール! ドツボ!
 ジャケ買いしちゃったよ。

 ブンブン侮り難し!

 こういうパキッとした絵が好きです。

 ちなみに『熱血先生』という漫画がドエライ面白かった。最終回だったけど……。
 スクイズ、最終回放送見送りには参った。

 告知文章でのネタバレぐらいでは揺るがない物凄い最終回なので、それは構わないのですが、ここで間を開けてしまうのは視聴リズムが狂ってしまうので残念です。
 現実の事件への配慮なのでやむなしではありますが、フィルムメーカーとしては悲しいことです。

 発狂しそうなほどに難産の子でしたので、故に可愛く、それを世に発表出来ないことはたまらなく辛い。
 ――どうか、お蔵入りしませんように。
プロフィール
HN:
上江洲 誠(うえずまこと)
職業:
アニメ脚本家
HP:
自己紹介:
2002年デビュー。
エターナル中坊。
twitter ID:uezux
バーコード
カウンター
忍者ブログ [PR]